家事が効率的な人は冷蔵庫の中も整っている!

家事の上手さは冷蔵庫に表われる?

ジャンル分け

冷蔵庫を整理整頓するためには、まず食材の位置の意味を考えることが大切です。
野菜はここ、飲み物はここ、作り置きはここ…と言ったように、ジャンルごとにまとめておけば、物を探す労力が減る上、食材の重複に気が付きやすくなります。
その日の気分で置き場所を変えたりせず、冷蔵庫の中の物の定位置を決めましょう。

同じような種類のものが集まれば、どんな仕切りやポケットが必要なのかもわかってくるはずです。
必要なものを買い出し、すっきりとまとめましょう。

「そもそも、パズルのように隙間を埋めないと食べ物が収まらない」という場合は、冷蔵庫のサイズが合っていない可能性があります。
イレギュラーなものを入れないといけないときでも、とりあえず仮置きできるようなスペースが一段くらい必要です。
設備投資として、買い替えを検討しましょう。

見やすく、取り出しやすく

冷蔵庫の奥の方は、どうしても目が届きにくくなりがちです。
冷蔵室の奥はもちろん、上から物を入れるタイプの冷凍室や野菜室などは、どうしても乱雑になり、古い食材が埋もれてしまいます。

食材をしっかりと管理するためにも、冷蔵庫は見やすく、取り出しやすくすることが大切です。

冷蔵室は、トレーや奥行きのある保存容器を活用して、手前から引き出すだけで全貌が見える仕組みにしましょう。

上から物を入れる冷凍室などは、立てて保存する形式がおススメです。
ジップロックの上部に食品名を書いて立てて収納したり、書類ケースの側面を上にして手前から奥に並べるようにして食材を保存するのがおすすめです。

とにかく、「手前の物をどかさないと見えない」冷蔵庫にならないようにしましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ